▼投資信託とは
投資信託は、少額(1万円程度)から始めることが出来る投資商品になっています。投資信託は、投資信託の販売を通じて、幅広く一般の投資家から資金を集め、資金運用の専門家が株式や債券等に分散投資し、その運用成果を、投信を購入した投資家に還元する仕組みになっています。運用を始めて行う人に人気のある投資信託ですが、イマイチ仕組みやメリット、デメリットについて分からない方も多いと思います。今回は、投資信託とはなにかについて分かりやすく説明していきます。
▼投資信託の仕組み
投資信託の仕組みについて説明します。投資信託には、3つの機関が関わっています。
・販売会社
投資信託を販売する会社になります。具体的にいうと、証券会社や銀行になります。顧客に投資信託を販売し、運用するための資金を集めることが役割になります。
・運用会社
投資家から集めたお金で、投資信託を実際に運用する会社になります。投資信託の運用は、運用会社のファンドマネージャーによって行われます。ほとんどの投資信託はファンドマネージャー1人で行うのではなくチームで運用しているので、ファンドマネージャーが万が一体調を壊しても運用は継続されます。
・信託銀行
投資信託のお金は、信託銀行で管理されています。これを分別管理といいます。投資信託の資金は、信託銀行によって分別管理されているので、販売会社や運用会社が万が一倒産しても顧客の資産は守られます。仮に資金を管理している信託銀行が倒産しても、信託銀行の一般の資産とも分けて管理されているので顧客の資産は守られます。
▼投資信託のメリット
・運用を専門家に任せることが出来る
投資信託は、運用のコンセプトに沿ってファンドマネージャーが運用します。投資信託を購入した人は、自分で株式の売買などを行う必要はありません。運用を専門家であるファンドマネージャーに任せることが出来るので、忙しい主婦やサラリーマンの人でも資産運用をすることが可能な商品になっています。
・手軽に分散投資をすることが出来る
自分で株や債券などで運用する場合、資金の問題や管理の問題で多量の株式や債券を持つことはありません。10数銘柄なら運用の好きな人には可能ですが、100を超えるとなかなか資金も管理も厳しくなります。
投資は、いろいろな資産に分散して投資することが重要であるといわれています。何故なら、アセット(資産)によって値動きは全く違うからです。株式は景気のいい時に強いですし、逆に債券は景気が悪い時に強い資産といわれています。また株式でも銘柄によって値動きが異なってきます。多くのアセットに複数の銘柄を持つことによって全体の値動きは安定します。投資信託は、1つの投資信託で数百の銘柄に分散して投資されているものも珍しくありません。投資信託は手軽に分散投資を行うことが出来るのです。
▼投資信託のデメリット
・運用の中身が分かりにくい
投資信託は、ファンドマネージャーに運用を任せるので、今現在どんな銘柄で運用しているかが非常に分かりにくいです。毎週や毎月、レポートが出ますが、どんな銘柄で運用しているのかを常に知りたい方には、投資信託は向かないかもしれません。
・手数料が高い
投資信託の手数料は主に3つあります。購入時手数料、信託報酬、信託財産留保額になります。
・購入時手数料
投資信託を購入する時に支払う手数料になります。投資信託の購入の手数料は一般的に、0%~4%程度です。同じ投資信託でも、0%のものはほとんどなく3%程度の手数料がかかることが一般的です。
・信託報酬
信託報酬とは、投資信託を保有している間にかかる手数料のことをいいます。要はランニングコストのことをいいます。信託報酬は、0.5%~2%程度かかる手数料が多いです。株価に連動するだけの単純な運用の投資信託は、信託報酬が低いことが多く、新興国や特殊な運用をしている場合は、信託報酬が高い傾向にあります。投資信託の価格を基準価格といいます。基準価格は信託報酬が引かれた後の価格なので非常に目に見えにくい手数料になっています。信託報酬は、どこかのタイミングで、一括で引かれるのではなく一年間にかかる信託報酬を365日で割って毎日ひかれていくのが特徴です。
信託財産留保額
信託財産留保額とは、投資信託を解約した時にかかる手数料のことをいいます。信託財産留保額はかからないものも多いです。信託財産留保額はかかっても大体0.5%以内に収まることが多いです。
▼投資信託にかかる税金
・投資信託は売却した時に、利益が出た場合に、税金がかかります。税率は、利益に対して20.315%になります。(所得税15.315%+住民税5%)
▼まとめ
投資信託は、運用の初心者に非常に人気のある商品です。しかし、証券会社だけでなく身近な銀行や信用金庫でも投資信託の販売をしていることから投資信託の仕組みをよく知らずに購入する人も増えています。投資信託は、値動きがある商品になるので当然、預貯金とは異なります。投資信託で大きく損をするケースもあります。預貯金の金利が低い今資産運用は必要です。是非投資信託を購入する際は、投資信託の仕組みをしっかり理解してから購入するようにしましょう。

0