おすすめ投資信託



▼おすすめの投資信託
世の中には、たくさんの投資信託があります。しかしどの投資信託が良いのかわからない方も多いのではないでしょうか?いま、投資信託は6,000本以上あるといわれています。これだけたくさんの投資信託があると、どの投資信託が良いのか選ぶのが難しいと思います。そこで今回は、投資信託を選ぶ基準とおすすめの投資信託について説明します。
▼投資信託を選ぶポイント
投資信託を選ぶポイントは、主に2つあります。
▼手数料が安いこと
投資信託を選ぶ際のポイントの1つ目は、手数料が安いものを選ぶことです。投資信託の手数料は、主に購入時の手数料、ランニングコストの信託報酬、解約するときにかかる信託財産留保額があります。手数料が安いファンドを、選択することが重要です。
▼毎月分配型ファンドでないこと
投資信託を選ぶ際のポイントの2つ目は、毎月分配金が出ないものを選ぶことです。分配金とは、毎月もしくは3か月に1回、半年に1回などに普通預金に入る配当金のことをいいます。定期的に配当が受け取れると聞くと魅力的に聞こえるかもしれませんがこの分配金ですが、結局は、元本を取り崩しているだけになります。しかも分配金を出してしまうと、複利の効果を得ることが出来なくなってしまうので投資信託を選ぶ際は、分配金が出ないものを選ぶことが重要です。
▼おすすめの投資信託
この章では、おすすめの投資信託を3つ紹介します。どれも少額から始めることが出来、毎月積み立てていくことが出来るタイプの商品になっています。投資信託は、「分散投資」「時間分散」が重要です。
「分散投資」は様々な資産に投資することをいいます。株式や債券、不動産などの資産は、相場動向によって全く違う動きをします。多くの資産にバランスよく投資することによって全体の値動きは安定します。
「時間分散」ですが、一回にまとまった金額を投資してしまうと、購入時の相場動向に運用成績が左右されてしまいますが、購入時期を分散して投資をすれば、購入価格が安定します。
以上2つのポイントを押さえたおすすめの投資信託を3本紹介します。
▼セゾン·バンガード・グローバル・バランスファンド
おすすめの投資信託の1つ目は、セゾン·バンガード·グローバルバランスファンドです。このファンドの特色は、3つあります。
▼国際分散投資
このファンド1本で30か国以上の株と、10か国以上の債券に分散投資出来ることです。各市場のマーケット規模によって、投資の比率を自動的に変えてくれるので手間暇なく適正な投資比率で分散投資をすることが出来ます。
▼株と債券の比率は50 : 50
セゾン·バンガード·グローバルバランスファンドは、株50 :債券50で運用されています。いろいろなファンドを組み合わせることなく分散投資をすることが出来ます。
▼低コスト
購入時手数料は無料、信託報酬は、年0.6%±0.02.信託財産留保額が0.1%と非常に低コストでの運用になっています。通常のバランスファンドは、購入時の手数料が2%~3%、信託報酬が1.5%、信託財産留保額は0%~0.5%くらいのものが多いです。バランスファンドの中でもかなり手数料が低いことは、大きなメリットになります。
▼イーマクシスシリーズ
おすすめの投資信託の2つ目は、三菱UFJ国際投信が発売している、イーマクシスシ
リーズになります。イーマクシスシリーズの特徴は、3つあります。
▼ラインナップが豊富
イーマクシスシリーズは全9本のインデックスファンドを取り揃えています。気になる特定の地域に投資されているインデックスに投資することが可能になります。それぞれのインデックスファンドに投資してオリジナルのポートフォリオ(資産のバランス)を作ることも可能になっています。オリジナルのポートフォリオを作るのが面倒臭い人には、バランスファンドも用意されているので非常に使い勝手の良いシリーズになっています。
▼低コスト
セゾン·バンガード·グローバルバランスファンド同様低コストなことも特徴です。イーマクシスのTOPIXに連動しているタイプのもので説明します。通常のTOPIXに連動しているインデックスの信託報酬の平均は、1.1%程度ですが、イーマクシスの信託報酬は、0.159%となっています。またイーマクシスは、純資産が500億円を超えるごとに信託報酬の引き下げがあることも好感出来ます。
▼ひふみ投信
おすすめの投資信託の3つ目は、ひふみ投信です。ひふみ投信の特徴は3つあります。
▼実績が非常に良い
ひふみ投信は、日本株に投資するアクティブファンドです。アクティブファンドとは、ファンドマネージャーの裁量によって運用するファンドになります。一般的にアクティブファンドは、インデックスファンドに比べてコストが高く運用実績もあまりよくないのでおすすめしないところですが、2008年9月の運用開始からなんと5.1倍の実績をあげています。
▼コストが安い
アクティブファンドは、一般的にコストが高いです。購入時の手数料が3%、信託報酬は1.5%~2%程度かかることが多いです。しかし、ひふみ投信は、購入時手数料は0%、信託報酬は1.0584%と破格の安さです。しかも毎月1,000円から積立を始めることが出来ます。
▼まとめ
今回は、おすすめの投資信託を3つ紹介しました。世の中にはたくさんの投資信託があります。しかし投資信託の中には、コストばかり取られて内容の良くないものもたくさんあります。是非この記事を参考にして頂いて、しっかりとした投資信託を選びましょう。

0
ライタープロフィール マネータイムズ編集部

あわせて読みたい